どうも!みもパパ(@ikiruchie)です。

今日は2020年9月度の我が家の太陽光発電実績を公開します。


最新の実績や過去の実績はこちら

我が家の太陽光発電システム

我が家の設置している太陽光発電システムはQセルズの4.575kWのシステムです。
パネルは"Q.PEAK-G4.1 305"というパネルを15枚載せています。


ちなみに我が家が太陽光発電システムを導入した2019年3月10日から最初の1年間の発電実績は、過去の記事のQセルズの1年間のパフォーマンスと購入価格公開!住宅用太陽光発電システムを導入して電気代を節安する知恵に掲載していますのでよかったら見て下さい。
いくらで買ったのか?購入価格も公開しています。

先月の実績

先月までの実績は以下の記事を参考にしてください。







2020年9月の発電実績

さっそくですが、2020年9月の発電・売電状況は以下のようになりました。
image

発電量409kWhに対し、売電量297kWh。売電率は約73%でした。


売電額は約7,700円と1万円には届きませんでした。

昨年同月の発電実績との比較

ちなみに昨年9月の発電・売電状況は以下でした。
image


昨年同月と比較すると、発電量が48kWh減と10%以上も下がっています。


昨年同月より10%以上も発電実績が悪い原因

グラフを見てなんとなく分かるように、今月は台風が接近したりと発電量が大きく落ち込んだ日が何日もありました。


25kWh付近の日は1日しかなく、発電量の下がる曇りの日が多かった印象です。

今年9月
image
一方昨年は25kWh付近まで発電できた日が何日もありました。

昨年9月
image



下図のカレンダーを見て分かるように、昨年同月は晴れマークの日が1ヵ月間いたるところにありますが、今月は3日と8日の二日しか晴れマークがありません。

今年は20kWh越えが2日のみ。1桁の日は9日も。
image

昨年は20kWh越えが11日。1桁の日は8日。

image

シミュレーションでの年間発電量と2020年(9月まで)の実績

太陽光発電システムを導入した業者から提示されたシミュレーションでは年間発電量は5,526kWhとなっています。(毎月平均約460kWh)


2020年の太陽光発電実績は9月までで4,317kWhです。(達成率約78%)

image

年間予想発電量まであと1,209kWhです。月平均約400kWhの発電が必要です。

単純計算だと9月の達成率は75%を超えていれば良いので進捗が良さそうですが、そうはいきません。

残り3ヶ月は冬に向かう時期で日照時間も短くなり、今月よりも発電量は少なくなる見込みなので、月平均400kWhは無理でしょう。

ということで、2020年の総発電量はシミュレーションよりも少なくなりそうです。。。

年間グラフの推移

image

グラフを見てわかるように、発電量は8月から大きく下がりました。

また、消費電力(棒グラフ)は上昇した先月より下がりました。


日照り続きだった8月に比べ、9月に入ると暑さもおさまり、エアコンの使用機会が減り、消費量が先月より下がったのだと思われます。

寒くなってきたので来月は暖房を入れ始めるかもしれません。

どうなるか、来月も実績を楽しみにしたいと思います。


まとめ

先月は日照り続きの影響で、今年1番の発電量となりましたが今月は発電量が前月比でも昨年同月比でも下がりました。

天候の影響か、2年目の発電効率が落ちたのか、なんとも判断できませんが、これからも比較・分析していきたいと思います!



やはり家の電力消費状況や発電状況を一目で見れるHEMS(Home Energy Management System)は便利です。

太陽光発電システムやHEMSを後付けで購入して本当に良かったと思います。


納得のいく太陽光発電システムやHEMSの設置には相見積もりが欠かせません。

自分の家にいくらぐらいで付くのか?価格だけでも知りたい方は、タイナビソーラーパートナーズといった優良見積サイトを活用してみてください。

見積もりは無料なので安心です。私も見積もりサイトを使用して契約・設置に至りました。


私が実際に使用して、見積から契約にまで至った業者に出会ったタイナビさんへはこちら

【タイナビ】無料で太陽光発電一括見積り!


ソーラーパートナーズさんへはこちら

ソーラーパートナーズ【住宅用】



ではまた明日。