どうも!パパです。

今日は糖質制限中にも食べれるアイスについてです。

残暑が続く中、糖質制限中でもアイスを食べたい!

まだまだ残暑が続いていますが、暑い夏にはアイスやかき氷を食べたいですよね?

でもアイスやかき氷にはシロップや練乳、砂糖がたくさん使われているので糖質制限ダイエット中の方は控えないといけません。

パパも夏に冷たいかき氷やアイスを食べるのが好きなのですが、糖質制限中は食べるのを控えていました。


糖質制限中でも食べられるアイス発見!

そんな中、去年糖質制限中でも食べられるアイスを発見しました。

それがロッテのZERO アイスケーキとZERO ビスケットクランチチョコバーです!



※似たようなシリーズにグリコのSUNAOがあります。こちらは糖質オフのアイスですが、あくまでオフなだけで糖質・糖類は含まれています。


ロッテのZEROアイスの特長

このアイスの特徴はなんと言っても「糖類ゼロ」な点です。

FullSizeRender 

どちらの商品も1個当たりの炭水化物量、糖質量は高めなのですが、糖類がゼロなんです。

糖質ゼロと糖類ゼロの違いは?

糖質ゼロと糖類ゼロの意味は違います。

糖類とは糖質の中の一部なので、糖類以外の糖質が含まれたものは糖類ゼロでも糖質ゼロではありません。

実際この商品も糖類はゼロですが糖質はゼロではなく、それぞれ1個当たり10グラム以上糖質が入っています。
IMG_6368
FullSizeRender

しかし、それは砂糖の代わりに糖アルコールや甘味料を使用​​​​​しているためで、糖アルコールや甘味料は糖質ではあるものの、血糖値をあげない成分のようです。


結果的にこの商品には糖質が含まれているものの、血糖値を上げやすい糖質や糖類がないため、糖質制限中に食べてもオーケーということになります。

価格やお味は?

気になる価格ですが、100〜150円くらいのようです。

コンビニだと150円、スーパーだと100円程度で買えます。

他のアイスと比べて特別高いってわけでもありません。


また、気になる味の方もとても美味しいです!
アイスケーキの方は少しさっぱりしている感じもしますが、暑い夏にはちょうどいいですし、チョコバーの方もしっかりチョコの味もバニラアイスの味もしていて大変美味しいです。

本当にこの甘さ、美味しさで食べても血糖値が上がらない(=太らない)のが不思議です!

我が家ではこの夏、このアイスを買いだめして乗り切っています!

まとめ

というわけで、糖質制限ダイエット中の方にもオススメなアイス、ロッテのZEROを紹介しました。

我が家の近所のスーパーでは、売ってない店舗もあったので、お見かけの際は是非お試しください!

ではまた明日。