どうも!パパです。

先日パパのねんきん定期便が届いたので今日はその話です。

パパのねんきん定期便

こちらが先日届いたパパのねんきん定期便です。

FullSizeRender
FullSizeRender

納付状況

1枚目の画像の右側を見ると、この1年間の納付状況が載っていますが元年7月〜元年12月の保険料納付額が0になっています。(赤枠)

え?もしかして未納?

いえいえ、そんなことはありません。

これはパパが去年半年間、育児休業を取得したためです。

過去の記事でも書きましたが、育児休業中は給付金がもらえ、しかも非課税・社会保険料免除なんです!

ではどれくらいもらえるのかというと、私の取った半年間の休業期間中は
“休業開始前の賃金の67%”
です。


ちょっと待ってください!!

え?2/3?それじゃキツいなぁ。って思ったあなた。
大丈夫です。

"休業開始前の賃金"というのは
休業前6か月間の(ボーナスを除く)月収の平均です。いわゆる総支給額の67%ってことです。

手取りで考えると大体80%-90%くらいになると思います。
私の場合は休業前の手取りとほとんど変わりませんでした。(27万→26万)

しかも

  • 非課税のため所得税は無し
  • 来年度支払う住民税にも反映されない
  • 受給中は社会保険料(年金や健康保険)も免除。支払っている扱い

と何も心配せず使えるお金です。


ということで、半年間の育休なら

ほぼ変わらない月収なんです

この年金保険料の免除は、払わなかった分給付額が減るといったデメリットもなく、実績としては標準報酬月額分納付された扱いになります。

しかも元年12月の欄を見て分かる通り、育休中にたとえ賞与(ボーナス)が入ったとしても賞与分の年金保険料の納付は免除されます!

というわけで、現在まで未納はないようです。

2枚目の画像を見ると受給資格期間が213ヶ月となっており、
20歳の誕生月から就職までの4年8ヶ月(56ヶ月)と、就職した13年(4月〜翌年3月×13年)と4月の1ヶ月(157ヶ月)で213月ぴったりです。

今までの納付額は?現時点でいくらもらえる?

2枚目の画像にある通り、今までの納付額は約630万円のようです。

あまり意識していませんでしたが、かなりの額を納付してますね。

また現時点でもらえる年金の年額は約70万円(月額約58,500円)になるようです。

630万納付して、年額70万。
ちょうど9年で元が取れる計算ですね。

65歳から給付と考えると74歳までは生きないと年金の元は取れないので長生きしなきゃなー。


まとめ

パパの今年のねんきん定期便を確認した結果、育休期間中の保険料は賞与分も含めて納付免除されており、未納にもなっていませんでした!

育休を取得するタイミングにボーナス支給月があるとお得です!

育休取得を考えている方の参考になれば嬉しいです。


ではまた明日!