どうも!パパです。

今日は6月時点の企業型確定拠出年金の運用成績を公開します!

参考 : 先月の状況

FullSizeRender

先月2020年5月1日までの状況は
  • 資産評価額 1,083,598円
  • 掛金累計額 938,400円
  • 評価損益  145,198円
と前月比14万円強の大幅増加でした。


詳しくは先月の記事をご確認下さい。





DC外国株式インデックスファンドLのチャート

私が企業型DCで100%投資している”DC外国株式インデックスファンドL”の6月1日時点の基準価額チャートはこちらです。

FullSizeRender


2月末〜3月末にかけてコロナショックにより大きく下落していたものの、4月から5月の2ヶ月間で下落幅がだいたい半分以上にまで回復してきています。

去年の秋くらいの基準価額にまで大きく値を戻しましたね。

では私の今月企業型確定拠出年金(企業型DC)の運用成績はどうなったでしょうか?

20年6月時点の企業型DC積立状況

今月の積立状況はこちらです。
FullSizeRender


今月は
  • 資産評価額 1,148,331円(+64,733円)
  • 掛金累計額 948,520円(+10,120円)
  • 評価損益  199,811円(+54,613円)

ということで、また少し資産が増えました。

先々月のイーブンの状態から、一気に20万円の含み益&当初からの運用利回りも4%近くまで回復。

2月に初めて運用成績を公開した時あたりが過去のピークで、当時は37万円の評価益だったので、
元に戻るまであと20万円程度のところまで戻りました。



結局10年という長期間積み立てたインデックスファンドは、コロナショックでもほぼ赤字(評価損)にならずに済んだようです。

これが正に長期・分散・積立投資の強みですね。


まとめ

以上、今月の運用成績でした!もうコロナチャンスはあっという間に終わりましたね。

果たして二番底は来るのでしょうか?

来ても来なくても、焦らず変わらずコツコツ積立をすることが大切です。

これが先が読めない素人でもできる安心の運用方法なのです。

ということで、これからも毎月運用成績を公開していきます。


ちなみに我が家では企業型DC以外にも積立投資をしています。

今は誰でもネット証券を使って低コストのインデックスファンドで長期・分散・積立の投資が出来ます。

もしまだネット証券口座をお持ちでない方は是非この機会に口座開設してみてください。

私のオススメは楽天証券です!



ではまた明日。