どうも!パパです。

今日は私の働いている会社で長期育休を取る男性社員が出てきた話です。

将来育休を取りたいと思っていても、社内で前例が無くて不安な方にオススメの話です。


きっかけは、私?

今まで私の働いている会社で半年も育休をとった社員は私だけでした。

1-2ヶ月程度の短期間、育休をとった人は結構いたらしいですが、さすがに長期はいなかったようです。


それがこの1ヶ月で半年の育休を取る人が2人出ました。


いよいよイクメンプロジェクトのおかげで世の中が変わって男性が育休を気軽にとれる時代になったか。

いえ、残念ながら実はそうではありません。。。

育休を取ることになった2人とも私の知り合いで、私の影響が大きいです。

1人は私の仲の良い同期。もう1人は同じ部署の同僚(後輩)なんです。


パイオニア(先駆者)がいれば育休は取りやすくなる

誰かが取れば取りたくなるのが日本人。

男性の育休取得率を上げるにはまず社内で前例を作ることがいかに大事かがよく分かりました。


私は育休明け、部内向けの挨拶でこんなことを話しました。
  • 期間中大変ではあったが、妻と協力して過ごしたので想定より大変ではなかった
  • もし、妻1人で面倒を見ていたらきっと妻は大変だっただろう
  • 妻を助けてやれてよかった
  • 1人で子供の面倒を見ている世の中のお母さん達を尊敬する
  • 日々成長するかわいい子供を長時間面倒見れてよかった
  • 自分自身を見つめ直す良い機会だった
  • 今後世の中が”男性でも育休を取りたい人は遠慮なく、不安なく取りたいだけとれる社会”になれば良いと心から思う
意外と女性社員からは好評でした(笑)

でも、こういう話をしたのは女性社員へのご機嫌とりが目的ではありません。

育休を取ってよかったというアピールをし、職場復帰後も変わらず生き生きと楽しく働いている姿を見せれば、私の後を追って同じく長期育休を取りたいと思ってくれる社員が出てくれると思ったのです。


あれから3ヶ月、長期育休を取ると決意した方が2人も出てきました。

私が取った時は前例がありませんでしたが、パイオニアとして思い切って取ってよかったと思います。

やはりみんな取りたいんです。そういう人は前例さえあれば取りやすくなるもんです。



心配事は私の実体験を説明して解消

それでもやはり、長期育休を取ることの不安は2人ともあったようです。

ですが、私の実体験、特に過去の記事で紹介した男性が育休を取得すると給料はどうなるのか?

男性の育児休業取得のデメリット?アシックスやカネカのパタハラを恐れず、職場復帰後に不利益にならない知恵で説明した話をしてあげることで、不安は無くなり決意が固まったようです。



具体的な実体験はこちらの記事を参照してください。

収入の不安や、育休を取る・取ったことに対する嫌がらせ(パタハラ)、将来のキャリアへの影響などについて対処法・予防法などを書いています。





まとめ

将来育休を取りたいと思っていても、社内で前例が無くて不安な方。

あなたが取れば社内の風向きが一気に変わり、他の社員が取りやすくなります!

まずは、あなたが主体的に育休を取りましょう!


育休を取りたい人が何も恐れず取りたいだけ取れる世の中にするには、そんな方のちょっとした勇気が必要です。





ではまた明日。