どうも!パパです。
今日は入るべき保険について話そうと思います。


半年の育児休業取得中に、いろいろと調べて出した結果です。

結論から言うと、最終的に今は以下の保険に入っています。

現在我が家で加入中の保険

パパの生命保険
死亡時 2000万
会社の団体定期保険(Bグループ)
月額2340円
パパの収入保障保険 
死亡時 60歳になる年まで毎月10万円
アクサダイレクト生命
月額2620円
ママのがん定期保険
がん入院給付金 入院1日1万円など
アクサダイレクト生命
月額900円
全ていわゆる掛け捨ての保険です。

“掛け捨てはもったいない”という考えを捨ててキッパリ必要な掛け捨て保険に入る​​ことが重要です。

あと他に入っているのは、家の火災保険と、パパとママの車の自動車保険(車両保険なし)だけです。

住宅ローンを払ってますが、団体信用保険(団信)には入っていません。昨年解約しました。
生命保険でカバーできるからです。

医療保険も入っていません。このことは後述します。

保険は家計が破綻しない為に入るもの

私もちょっと前までは、
“保険は何かあった時に損しないためのもの”
そう考えてました。

いろいろな不安、リスクに備えるものだと。

その為、少し前までの我が家の家計は大部分が保険関係で占めてました。

でもいろいろ調べると違うんですね。

“保険は万が一の時に家計が破綻しないために入るもの”
なんですね。

日本には高額医療費制度というものがあり、
大きな手術をしても大体普通の人だと何百万円かかっても保険適用されるものなら出費は8万円くらいで済むそうです。

8万円の出費で家計は破綻しますか?しませんよね?

だから医療保険は貯蓄があれば入る必要なんて全くないんですね。

日本人は保険大好きで、みんなが入っているから不安なことがあるとなんとなく保険に入っちゃう国民性みたいです。



でも、例えば我が家で私が死んだら家計は破綻しますか?

これは破綻します。
家のローンが残ってるし、遺族年金だけでは愛するママとチビが生きていけないからです。

遺族年金+ママがパートにでればなんとか生きていけるかもしれませんが、住宅ローンの返済で精いっぱい。
子供を大学まで余裕をもっていかせることは厳しいです。

東北の田舎暮らしなので、大学に行く=下宿代も必要なので。。。



自動車保険も同様です。

自分の車が自損事故で傷ついたり破損したら家計は破綻しますか?
しませんね。最悪事故ったまま凹んだクルマでも動けばいいですし。

でも、万が一誰かを轢いてしまって死なせてしまって、損害賠償を払わないといけなくなったら家計は破綻します。
他にも、ガードレールや信号機といった公共物を壊してしまっても、損害額次第では破産します。

だから対人・対物の保険は必要なんですね。


火災保険も同様、地震や火事で家を失ってしまったら、ローンの返済だけ残って家計は破綻します。


そういった万が一の際に家計が破綻するか、しないかで保険に入るか考えるべきなんです。

これも我が家の生きる知恵です。


ちなみに、妻のがん保険に入っていますが、正直妻ががんになっても家計は破綻しません。

これには2つ理由があって、

1つは6年前に乳がんで亡くなった母の遺言みたいなもんで、
「がん保険には入っておけ」と言われたのが理由。

そしてもう1つは、月額900円の保険料なら、毎月楽天ポイントで支払えて実質無料だからです。

これについてはまた別の記事で話したいと思います。


勤め先に団体定期保険があれば絶対入るべき


もし勤め先に「グループ保険」みたいな名前で団体定期保険があったら、入っておいたほうがいいと思います。
他の民間の定期保険より安く、しかもうちの場合は毎年余剰金を配当金として出していて、大体半分が返ってくるんです。

36-40歳の2000万円の死亡保障が最終的に月々1000円ちょっとって安すぎませんか?

無題

そういうわけで我が家では万が一の際の住宅ローンの返済と子供の学費確保のために団体定期保険に入っています。


ただし、デメリットとしては

  • 定期保険なので、年齢に応じて保険金額が上がる

  • 社員限定の保険のため、転職したら新たに保険に入りなおさないといけない
があげられます。

まぁ私の場合は年齢が上がったときは住宅ローンの残額も減っているので保証金額を下げるつもりですし、
転職したらその時は転職先の団体定期保険に入るつもりなのでそこまで大きなデメリットじゃないですね。


ということで、みなさんも
”たまに会社で配られるけど速攻ゴミ箱行きの悲しい保険案内パンフレット”
扱いしないで、団体定期保険がある会社にお勤めの方は是非保険の切り替えをご検討ください。



ではまた明日。