どうも!パパです。

今日はパパとママの分のコロナ特別定額給付金20万円を使って実施している、毎日2500円の投信積み立ての7月度の運用成績を公開します!


運用ルールについて

運用ルールについておさらいです。

といっても、SBIバンガードS&P500インデックスファンド”(以下SBI VOO)を2500円分、SBI証券の毎日積立で20万円になるまで買い続けるだけです。

詳しい解説はこちらの記事を参照してください。

現時点の運用成績

7月1日から開始して1ヶ月が経過しました。

7月31日まで、1ヶ月目の運用状況はこちらの通りとなっています。

FullSizeRender
FullSizeRender

毎日積立開始から21回、52500円分購入して平均取得単価が10,729円。

一方7月末現在のSBI VOOの基準価額は10,684円。

平均取得単価よりも基準価額が下回っているため、運用成績はマイナスになっております。

といってもマイナス220円、運用収益率マイナス0.4%ですが。

評価額が52,284円で、積み立てた合計52,500円なのでと比べるとマイナス216円だと思うのですが…アプリ上ではマイナス220円になってます。


ほぼ動きがなかった7月

二番底が来るとか夏枯れ相場が来るとか噂されていましたが、7月はほとんど大きな動きなしでした。

基準価額の最高値は10,971円(7月21日)、最安値は10,523円(7月1日)で、その差448円(4.2%)でした。

上にも下にもいかなかった印象です。

まとめ

いつか再暴落が来ると信じて始めた毎日積立ですが、7月は特に大きく米国株の相場が動きませんでした。

やっぱり相場は素人には分かりませんね。

積み立てが終わる10月までに大きな相場の変動があるのか?分かりませんが、とにかくドルコスト平均法に期待して毎日2500円の積み立てを続けていきます!

ではまた明日。