どうも!パパです。

今日はマイナポイントについて話そうと思います。

結論から言うと、キャッシュレス決済サービス事業者を選ぶのはもう少し待ちましょう!


マイナポイントとは

マイナポイントはマイナンバーやキャッシュレス決済の普及促進を目的とする、国の消費活性化策のひとつです。

マイナンバーカードの普及と先月6月30日に終了したキャッシュレス決済・ポイント還元事業に代わってキャッシュレスを推進する国策ですね。

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済などのキャッシュレス決済サービスとマイナンバーをひも付け、チャージまたは決済すると25%(最大5000円分)が還元されます。


パパはマイナンバーを先日入手し、コロナの特別定額給付金もいち早く入手できましたので、この制度も美味しくいただこうと思ってます。

実はこの制度、マイナンバーのひも付け先によってお得さが異なるんです!

マイナポイントをさらにお得にもらう方法

実は顧客獲得のために各事業者が独自にポイントを上乗せしている場合があります。

日経の記事でも紹介されていました。

この上乗せ額の最も多いサービスにマイナンバーをひも付けることが、お得になる方法です!


現時点で最もお得なのはWAON

私が調べた限り、現時点で最もお得なキャッシュレスサービスのひも付け先はWAONです。

先ほど紹介した日経の記事の中でも上乗せ額が2000円でメルペイとゆうちょペイに並んで譲位でした。
FullSizeRender

我が家は近所にイオンモールがあり、オーナーズカード+オートチャージのWAONで常に買い物するヘビーユーザーなので、今のところWAON一択かなと思っています。

WAONのオーナーズカードについてはこちら



後出しジャンケンが起こる可能性も

ただし、この上乗せ合戦はまだ確定したわけじゃありません。

ユーザー獲得のために後出しで他のサービス事業者がもっとすごい上乗せをしてくるかもしれません。

個人的には楽天あたりが動きが大人しいので、最後に何かやってくるのでは?と見ています。


ちまたでもキャッシュレスのひも付けは待つのが吉、と言われていますね。

まとめ

というわけで、マイナンバーカードを持っている人は是非ともマイナポイントを申し込みたいところです。

しかし、自分にとっての最もお得な事業者がどこか?は後出しで上乗せキャンペーンをする事業者が現れる可能性があるためまだわかりません。

事業者選びはもう少し待ちましょう。

今のところ我が家は、WAONを選んで追加の2000ポイントをもらう予定です。


最終的なサービスを決定したらまた報告します。


ではまた明日。